> 学会誌 > 投稿のすすめ

『リメディアル教育研究』

投稿のすすめ

 『リメディアル教育研究』では、リメディアル教育に関する研究、教材や教授法の開発と評価、実践の報告などについての原稿を募集します。 投稿は本会の会員が筆頭者であるものに限ります(編集委員会が特に認めた場合は、非会員からの論文等を掲載することもあります)。 掲載の採否は、査読審査を経たのち、編集委員会において決定します。原稿料の支払い、掲載料の徴収はいたしません。 詳しくは投稿規程をお読みください。

入稿手順と留意事項

日本リメディアル教育学会 編集委員会

(1)
投稿原稿および依頼原稿のいずれについても,投稿・査読システムにアクセスして,必要事項を入力して下さい。(https://mc.manuscriptcentral.com/jjade) 投稿原稿の提出締切日は,特に設定しておりません(いつでも投稿が可能です)。
(2)
Wordによる原稿は,原則として,下からダウンロードしたテンプレートに文字・図・グラフ等を上書きして作成して下さい。このテンプレートでは,基本的に,和文フォントは明朝,半角の英数字・記号など欧文フォントはCenturyになっています。上と左右のマージンは20mm,下のマージンは25mmです。このテンプレートの印刷結果は,実際に刊行される紙面に近いものとなります。
(3)
原稿の種別ごとの刷り上がりページ数については,「投稿規程」を参照して下さい。和文原稿の場合,刷り上がりページでは,この原稿テンプレートの1ページ目に和文タイトル,和文筆者名,キーワードが追加されます。要旨が必要な種別では,要旨も加わります。さらに,1ページ目の左段の最下行には著者の所属機関名が追加されます。また,最終ページには英文タイトル,英文筆者名,英文要旨(必要な場合),英文キーワード,受付日と受理日が追加されます。これらの追加分を考慮して,刷り上がりページ数が制限を超えないように原稿を作成して下さい。
(4)
要旨は,投稿原稿のうち,「論文」,「実践研究論文」,「研究ノート」,「実践報告」,「資料」,「教材解説」は投稿時に入力が必須です。また,記事種別により,日本語記事であっても英文での要旨が必須のものと,任意でつけられるものがあります。掲載決定した記事は,J-STAGEに搭載される予定ですが,J-STAGEは海外の論文検索システムとリンクしており,英文要旨があると海外から検索されやすくなります。記事種別ごとの要旨の必要の有無について,詳しくは,別表をご覧ください.なお,キーワードは,すべての種別の原稿に3個以上5個以下設定する必要があります。
(5)
原稿中に貼り付けた図・表等については,オリジナルのデータファイルを,投稿・査読システムの該当画面でアップロードして下さい。業者がレイアウト原稿を作成する際に使用します。
(6)
原稿中の図・表等をカラーで作成した場合でも,原則的に,仕上がりはモノクロ印刷となります。特別な理由があって筆者がカラーでの印刷を希望する場合には,実費を徴収いたします。その場合は,投稿・査読システムの該当画面でその旨を入力して下さい。
(7)
すべての原稿は英文の題目などを記載していますので,それにあわせて図表を英語で記述してもかまいません。ただし,同一の和文原稿中では,図表の記述はすべて日本語あるいは英語のどちらかに統一して下さい。英文原稿の場合は,図表もすべて英語になります。
(8)
本誌ではダブルブラインドの査読を採用しています。新規提出時や著者照会による修正原稿提出時には,著者が特定される箇所を伏せ字にするなどして,著者が推測されにくいように配慮して下さい。
(9)
この「入稿手順と留意事項」は,和文原稿を想定したものですが,英文原稿を提出される場合にも参考にして下さい。英文記事や要旨は,事前にネイティブチェックを行ってから投稿してください。なお,本学会の英語ネイティブ編集委員はAPA方式で書かれた原稿を推奨しています。書誌情報の書き方などについて迷う場合はAPAのマニュアルに従って下さい。
査読後,掲載可の判定が出た原稿については,業者がレイアウト原稿を作成し,著者校正の機会を設けます。したがって,入稿した原稿がそのまま版下になるわけではありません。しかしながら,テンプレートを使って作成した提出原稿は印刷原稿に見た目が近いため,査読者にとって読みやすいものとなります。編集者・査読者は提出原稿によって作業を行います。負担軽減のため,できるだけ読みやすい原稿を作成するようにご協力下さい。

会誌編集委員会問い合わせ先:
  pub_at_jade-web.org ( _at_ をアットマークに書き換えてください)

内  容 ダウンロード
投稿規程(2016年9月5日改訂) HTML PDF
著作権規程 HTML PDF
著作物の利用について WORD PDF
投稿マニュアル
(2016年9月5日改訂)
PDF
原稿テンプレート
(2016年9月5日改訂)
WORD PDF

機関リポジトリ登録に関する方針についてはSCPJデータベースに掲載しております。

ページの先頭へ