> 専門部会 > 日本語部会

日本語部会

日本語が専門分野の正会員、その他日本語教育に興味がある正会員用の部会です。
部会への登録/解除は、事務局で受け付けています。お問合せより申し込みください。


 日本語部会では、将来構想検討委員会とICT活用教育部会との共同で日本語教材を制作いたしました。

JADE日本語教材

制作の背景と学習目標について
 「大学生の学力が低下している」という大学の現場の先生方からの声が多く聞かれる。学力低下の原因として大学進学率の向上、少子化、入学試験の多様化など様々考えられるが、基礎学力の低下は大学での教育そのものを脅かしつつあるようです。
 大学生の全ての学力を支えるのは日本語の力だと考えますが、我々の調査で、多くの大学に日本語力が中学生レベルしかない学生の存在が認められています。
 この教材は不幸にして日本語力が低いまま大学生となってしまった学生のために作られました。学生の日本語レベルが低すぎる、どうしてこんなこともわからないのかわからない、何から教えればいいのか途方に暮れる、やる気がないから教えようがないという先生方のヒントになる教材だと考えます。
 では大学生に必要な日本語力とは何でしょうか。文学作品を読む力とか、文学的な文章を書く能力が必要なのではなく、専門の講義を聴き、教科書を読み、理解し、資料から必要な情報を読みとり、レポートを書くという基本的な作業の全てを論理的にスムーズに進めるための日本語力だといえるでしょう。さらに言えば卒論を書く、発表をする、就職のための小論文を書くという能力も必要でしょう。しかし、この教材が目標とする日本人学生のための日本語力学習の目標はもっと基本的なものです。日本語の学習は外国語の学習と違ってきっかけさえあれば自力でどんどんその力を伸ばせるものです。この教材はそのきっかけを得られないまま大学生になってしまった学生に確実に学習のきっかけを与えることを目標としています。

教材の対象
 この教材が対象と考える大学生には、基礎的な日本語を見直したい大学生、大学で論理的なレポートを書きたい大学生、就職活動の一環として文章作成の訓練をしたい学生、第二言語としての日本語学習者で読み書き能力強化したい学生などが挙げられます。彼らは、講義で先生の言っていることがわからない、教科書を読んでも意味がつかめない、レポートが書けない、でも国語は苦手だったし今更人に聞けない、どうやって勉強すればいいかわからない、何から手をつけたらいいのかわからない、わからないからやらない、やらないから益々わからなくなるという悪循環に陥っています。この悪循環を断ち切るには、これまでの「国語」の勉強方法とはひと味違う方法が必要です。

教材の工夫
 この教材には学生の苦手意識を払拭するために次のような工夫がしてあります。

気づかせる

 ちょっとしたヒントで「読み」や「書き」のこつに気づかせます。
 誰かから与えられた知識ではなく、自ら気づくことで確実な力になっていきます。

考えさせる

 ちょっとした発想の転換で「考える」楽しさを学べます。
 一面的ではなく、そうも考えられるのかという「驚き」が考える力を伸ばします。

やる気を出させる

 ちょっとしたきっかけで「やる気」を引き出すことができます。
 基礎的なレベルから学ぶので自分の力で「わかった」という達成感が得られます。
 学生は本当は「わかるようになりたい」のです。
 「わかる」ことが確実に増えていく喜びが「やる気」を引き出します。

おもしろい

 ちょっとしたおもしろさで、苦手意識を払拭できます。
 おもしろければ好きになる、好きになれば集中できる、集中できることで
 苦手意識はなくなっていくのです。

自信をつけさせる

 ちょっとした励ましで、途中で投げ出さずやり続けさせることができます。
 繰り返し何度でもあきらめずにできたことが自信につながっていきます。

教材の利用について
  制作した日本語教材の利用についてはJADE日本語教材をご覧ください。
 現在は、全会員に公開する前の改良の段階であり、日本語部会の会員に公開しているもので、日本語部会所属の会員にのみ利用を呼び掛けている段階です。したがって、非会員の方は、まず当学会に入会し日本語部会に参加していただく必要があります。会員種別に応じた入会フォームより入会申請を行ってください。
 また、会員ではあるが日本語部会に参加されていない方は、お問合せより日本語部会への参加希望の旨をお知らせください。

 一人でも多くの大学生がこの教材をきっかけに日本語の面白さに目覚め、日本語の「読み」「書き」に対する苦手意識を取り払い、大学での充実した教育を受けることができるようになることを願っています。

 学生が「生活の中で日本語力を伸ばす」際に参考になる資料を配布しています。
ダウンロードしてご覧ください。

配布資料:pdf 生活の中で日本語力を伸ばす

ページの先頭へ